昔から、土鍋は一般家庭でご使用される調理器具で、その良さは保温性に優れ、風情や美味しさを際立たせ、

家族団欒を象徴する調理器具として、親しまれてきました。

オール電化が普及し、ライフスタイルが変化しても、土鍋を後世に残せる手助けを当社は行っております。


 通常、電磁調理器で土鍋を発熱させる為には、銀転写方式と金属板方式があります。いずれも発熱ロス、銀転写剥離やキズ破損など経過使用による不具合は否めず、それを解消・抑制させる為に、当初から、土鍋に発熱可能な特殊下地処理を施した上に、ふっ素樹脂コーティングを行うという新しい技術を提案してきました。
 土鍋を発熱させる重要ポイントは、調理器本体と熱源金属の高さ関係にあり、1つ1つ異なる土鍋に巧みな技術でバランス制御しております。また、個体ごとで発熱量の測定を行い規定値である事を確認しておりますので、安心してお使い頂けます。
特殊な下地処理は、沸騰時間の短縮効果もあり、ふっ素樹脂コーティングで焦げ付きを防止するという、お手入れ簡単の調理器具へと進化致しました。

 近年では、ふっ素樹脂コーティングに替わり、セラミックコーティングが主流になりつつあり、焦げ付き防止は勿論、遠赤外線や抗菌効果、臭いの付着防止にも役立っております。
 是非、当社の土鍋加工技術を、貴社の商品にお役立て下さい。

↑有限会社山忠商店 様

商品詳細はこちら

Copyright 2014 SHINE KOHGEI CO., LTD. All Rights Reserve. /  プライバシーポリシー