ポリウレアコーティング

Polyurea Coating

「ポリウレアコーティング」とは

「ポリウレアコーティング」とは ポリウレア樹脂を対象物に吹き付けることによって 被膜を形成する加工方法のことを指します。ポリウレア樹脂は、イソシアネートとポリアミンの化学反応によって 生成される、ウレア結合を主体とする化合物です。

【特長】

速乾性

吹き付け後、硬化(触手乾燥)に要する時間は数10秒です。

幅広い対象物に加工可能

熱処理を必要としないため、耐熱性の低い材質にも加工できます。 金属・樹脂・エンプラ・セラミックス・ガラス・木材・ゴム・コンクリート等 に対応しています。

耐薬品性に優れている

酸·アルカリの条件下で使用可能です。

被膜の強度と伸びのバランスが良い

耐衝撃性に優れており、かつ柔軟性があるためクラックが入りにくい。

断線防止

柔軟性と耐摩耗性を併せ持つポリウレア樹脂は、ケーブルのフレキ性を残しながら、 摩…

続きを読む

耐衝撃性付与

ポリウレア樹脂は、イソシアネートとポリアミンの化学反応によって生成されます。 ポ…

続きを読む

ポリウレアコーティング

ポリウレア樹脂は、イソシアネートとポリアミンの化学反応によって生成される、ウレア…

続きを読む