コーティング被膜の機械加工【ポリウレア】

ポリウレア樹脂とは、イソシアネートとポリアミンの化学反応によって生成される樹脂化合物です。

ポリウレアコーティングはスプレー塗装による塗布の為、本来は塗装した表面状態がその仕上がりとなります。

しかし被膜の分厚さと強度ゆえに、後工程で機械加工することも可能です。
平面研磨による膜厚調整、または穴開け加工などもできます。

画像は、塗装後に平面研磨したサンプルです(表面のクリーム色の部分がポリウレア被膜)。
目的:膜厚の均一化

シャイン工芸の【ポリウレアコーティング】⇒http://shinekohgei.co.jp/polyure

イプロスものづくりでも公開中⇒https://www.ipros.jp/company/detail/2009654/